福島県 阿武隈高原 川内村のカフェ・ダノニーのブログ。東日本大震災で被災、原発事故により避難中。

<< 道の駅「ひらた」を楽しむ方法 VOL.2 | −ブログトップ− | シーズンです、真っ赤なりんご >>
道の駅「ひらた」を楽しむ方法 VOL.3
道の駅の楽しみ〜といえば、おいしいものとの出会い。
お買い物だけじゃなく、おなかだって出会いを待ってるもんです。



「道の駅ひらた」の蕎麦は、結構レベル高い手打ち蕎麦を出しています。
まずはお店に入るのに、迷子にならないように。
外から直接入れません。一度、道の駅の建物に入ってから、「そば処たけやま」に入ります。レジの横、ちょっと目立たない入り口なので注意してください。

最初に食券を購入。
呼ばれたので、蕎麦を取りにいきました。


神奈川の義母は、鴨南蛮が大好きです。道の駅ひらたを案内する日のために、鴨南蛮を注文。新メニューだとか。

ほほ〜。
鴨の脂は冷めにくく、アチチで食べなくちゃいけないので、猫舌の店長は苦戦です。アチチ、旨い旨い、アチチ、旨い旨い。優雅とは言えない食事風景です。かっこわるいなぁ。



天ぷらの盛り合わせも頼んでみました。新鮮な野菜、エビも入って、300円はお値打ちメニューでしょう。
小食な人ならこれで十分。



店長のおすすめプランは、この通り。
小食な人や、大人のカフェタイムにいいでしょ。蕎麦屋は昼間に酒を飲むために入るところ・・・なんていうツウのセリフがありますが、ドライバーはお酒を飲めませんから、ノンアルコールビールでさっぱりきめるのがよろしいようで。苦いビールが苦手という人にも人気が高まっているノンアルコールビールです。



メニューは写真をクリックすると、大きい写真がご覧になれます。高いメニューから安いメニューまで、品数多いのが特徴かな。券売機のところでみると、もっとたくさんメニューが並んでました。

カテゴリ:店長の部屋 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafe.danony.jp/trackback/1297628
トラックバック